CASE STUDY
事例一覧

オンライン商談会や自治体連携、コンサルティングなど、
当社の実績をジャンル別・地域別にご紹介します。

自治体案件の事例一覧
令和4年度東京都 GAP 認証農産物商談会(オンライン商談会) 開催報告
東京都GAP認証取得者の販路開拓を支援する取組として、公益財団法人東京都農林水産振興財団 主催の商談会を開催しました。 なお、商談会は、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、オンライン方式により実施しました。 開催 概要 ◆事前オンラインセミナー 日時: 令和 4 年 8 月 26 日(金) 場所: リッキービジネスソリューション株式会社 大会議室参加 事業 者 数: 計 9 社講師: 株式会社エマリコくにたち 代表取締役社長 菱沼 勇介 氏   リッキービジネスソリューション株式会社 高見 圭代 、伊東 茉奈美内容: 販路開拓セミナー及び出展説明 ◆オンライン商談会 日時:令和 4 年 9 月 1 日(木)~ 11 月 30 日(水) 商談会参加者:計 9 社商談実施 バイヤー数: 計 1 0 社 1 0 名内容: 首都圏を中心とする バイヤーと事業者との オンライン商談( 個別商談 )の実施
「食のみやこ鳥取県」食材視察ツアー 開催報告
令和4年度農林水産省補助事業の一環として、2022年11月21日(月)・22日(火)に、『「食のみやこ鳥取県」食材視察ツアー』を開催いたしました。 今回は、12社15名の食品バイヤー・シェフの方々をお連れして、鳥取県内の生産地視察と、生産者の食材提案会を開催しました。 産地視察ツアーでは、「大山ブロッコリー」や「花御所柿」、鳥取でしか栽培できない「イチゴ(とっておき)」などの農産物、「鳥取和牛」「鹿野地鶏」などの畜産類、「松葉ガニ」などの水産物などを視察しました。 鳥取県は海・山・里の豊かな自然環境に恵まれ、素晴らしい食材が数多く生み出されています。農畜水産品全てが豊かで、さすが「食のみやこ」にふさわしい視察となりました。そして何よりも温かな生産者の人柄にも感動した視察となりました。 坂田農園 圃場 大山ブロッコリー 鳥取県オリジナル品種「とっておき」 名刺交換の様子 あかまる牛肉店 牛舎 JA鳥取中央 長芋生産部 ねばりっこ 収穫後 食材提案会の様子① 食材提案会の様子② 鳥取県漁業協同組合 鳥取港海鮮市場かろいち わったいな 若林商店 菌興椎茸共同組合 栽培の様子 田中農場 圃場 岡崎ファーム 鹿野地鶏にて試食 ▼視察先事業者(13社)・坂田農園・福菱・株式会社あかまる牛肉店・あぶり処 とれびーふ・JA鳥取中央 長芋生産部・鳥取港・鳥取港海鮮市場かろいち・わったいな・有限会社若林商店・菌興椎茸協同組合・有限会社田中農場・岡崎ファーム・株式会社鹿野地鶏 ▼食材提案会出展事業者(8社)・有限会社田中農場・菌興椎茸協同組合・はさま屋・株式会社鳥取林養魚場・エクルビス株式会社(悠二農園)・坂田農園・日本猪牧場・大山乳業農業協同組合 ▼参加バイヤー(12社/15名)・株式会社ザ・キャピトルホテル・ロイヤル株式会社・株式会社グリーンハウスフーズ・株式会社サカイ食品(ラ・ロシェル山王)・株式会社ひらまつ(ブラッスリーポール・ポキューズ銀座)・株式会社学士会館精養軒(紅楼夢)・misola(ミソラ)・株式会社リバティーフィール(白金バル)・株式会社バルニバービ/バルビバービスピリッツ&カンパニー・株式会社バルニバービ/株式会社ピアッティーベッラ・トレス(土鍋ご飯米三西麻布店)・日本ギルド株式会社
「おいしい山形」食材産地視察ツアー 開催報告
令和4年度農林水産省補助事業の一環として、2022年7月21日(木)・22日(金)に、山形県庁協力のもと『「おいしい山形」食材産地視察ツアー』を開催いたしました。 今回は、首都圏のシェフを中心に13社14名の食品バイヤー・シェフの方々をお連れして、山形県内の生産地視察と、生産者との食材提案会を開催しました。 産地視察ツアーでは、高橋畜産食肉にて「蔵王和牛」の畜産類をはじめ、山形県ならではの最上伝承野菜である「勘次郎胡瓜」や「畑なす」「最上赤にんにく」等の農産物、庄内浜産の地魚を扱う菅原鮮魚にて「岩牡蠣」などの水産物などを視察しました。 7月の実施にて、猛暑での視察も懸念されましたが曇天での天気の中、無事に開催できました。県庁職員をはじめ生産者の方々は、みなさま熱心で温かな人柄に触れながら、山形県産食材の魅力を熱く語っていただきました。 そして若い生産者も多く、一次産業の発展のために熱心に取り組まれる姿に一同感動した2日間でした。バイヤー・シェフは生産者の方々のこだわりや想いを深く知ることができ、食材提案会では、山形県の食材を使用したビュッフェ料理を堪能でき、非常に有意義な1泊2日の視察となりました。 「菅原鮮魚」にて岩牡蠣 昼食会場での名刺交換の様子 最上伝承野菜「勘次郎胡瓜」での名刺交換の様子 最上伝承野菜の「畑なす」 「Farmおとらふ」にてプラム 食材提案会での商談の様子 食材提案会の様子 食材提案会の提供食材「山形県産フルーツ」 「かほくらし社」にてローザビアンカ 「高橋畜産食肉」での視察の様子 「高橋畜産食肉」で視察した蔵王和牛 moh’zで試食した「蔵王和牛」(昼食) 「高畠ワイナリー」での視察の様子 「川西紅大豆生産研究会」にて紅大豆 ▼視察先事業者(9社)・株式会社菅原鮮魚・工房ストロー(髙橋伸一氏/勘次郎胡瓜)・株式会社もがみ物産協会(松田佳祐氏/畑なす)・指村農園(指村僚汰氏/最上赤にんにく)・株式会社Farmおとらふ・株式会社かほくらし社・高橋畜産食肉株式会社・株式会社高畠ワイナリー・川西町紅大豆生産研究会 ▼食材提案会出展事業者(9社)・株式会社米沢食肉公社・村岡商店・株式会社オールクリエーション・株式会社ベジフルA・株式会社東根農産センター・株式会社Rose Cheek・株式会社半澤鶏卵・有限会社舟形マッシュルーム・株式会社日々 ▼参加バイヤー(12社/14名)・ロイヤルフードサービス株式会社・キリンシティ株式会社・株式会社三笠会館・株式会社学士会館精養軒・株式会社ザ・キャピトルホテル 東急・サンス・エ・サヴール・アルジェント・代官山ASOチェレステ 日本橋店・ブラッスリー・ポールボキューズ銀座・株式会社MRS NIRVANA NEWYORK・株式会社Kalakoa・日本ギルド株式会社
「長崎は、美味しい。」食材産地視察ツアー 開催報告
2022年3月10日(木)・11日(金)に、長崎県庁協力のもと『「長崎は、美味しい。」食材産地視察ツアー』を開催いたしました。 今回は、首都圏を中心とした8社9名の食品バイヤー・シェフの方々をお連れして、長崎県内の生産地視察と、生産者との食材提案会を開催しました。 産地視察ツアーでは、「出島ばらいろ」や「対馬地どり」等の畜産類をはじめ、長崎県ならではの「ゆうこう」等の農産物、「ゆうこうマダイ」や「車エビ」等の水産物の養殖場を視察しました。コロナ禍で大変な中、県庁職員をはじめ生産者の方々も温かく迎え入れていただき、長崎県民の人柄の良さを感じました。バイヤー・シェフは生産者の方々のこだわりや想いを深く知ることができ、食材提案会では、長崎県の食材を使用したビュッフェ料理を堪能でき、非常に有意義な1泊2日の視察となりました。 長与町で栽培されているオリーブについての説明 焼肉・真で提供された「出島ばらいろ」(昼食) 長崎漁港がんばランド店内の様子 長崎和牛・出島ばらいろの牛舎 外海地区で生産されているゆうこう 食材提案会の様子① 食材提案会の様子② 長崎県産食材を使用したビュッフェ ゆうこうマダイの養殖場 車エビ養殖場での説明 いけす料理ろばた焼 網元での昼食 種採り野菜についての説明 対馬地どり鶏舎のリモートでの説明 対馬地どり鶏舎のリモートでの説明② ▼視察先事業者(9社)・株式会社アグリューム(オリーブオイル)・長崎漁港がんばランド(地場食材)・有限会社大西海ファーム(出島ばらいろ)・外海地区ゆうこう振興会(ゆうこう)・株式会社昌陽水産(ゆうこうマダイ、ゆうこうシマアジ)・深江町漁業協同組合(車エビ、コウイカ、島原ワカメ)・雲仙つむら農園(雲仙種採り野菜)・株式会社轟名水ファーム高来(対馬地どり)・おおむら夢ファーム シュシュ(地場食材、加工品) ▼食材提案会出展事業者(9社)・宮下農園(特別栽培ミニトマト「宮トマト」)・Green Grocery Store(県産野菜)・株式会社アイル(野菜シート)・株式会社水産未来研究所(陸上養殖クエ)・有限会社藤井からすみ店(からすみ、からすみ加工品)・株式会社土井農場(諫美豚、長崎ブランド米「にこまる」)・株式会社坂野水産(平戸なつ香ブリ・サバ・タイ・ヒラス)・株式会社雲仙きのこ本舗(キノコ類)・一般財団法人小値賀町担い手公社(ヒラマサ・ピーナッツペースト) ▼参加バイヤー(8社/9名)・ロイヤル株式会社・株式会社グリーンハウスフーズ・アークランドサービスホールディングス株式会社・株式会社ひらまつ・キリンシティ株式会社・株式会社リージョナルコネクト長崎・株式会社グローバルフィッシュ・民芸モダンの宿 雲仙福田屋
令和3年度 TOKYOイイシナ オンライン商談会 開催報告
東京都主催「令和3年度 TOKYOイイシナ オンライン商談会」を開催しました。 「TOKYOイイシナ オンライン商談会」は、東京都地域特産品認証食品(Eマーク認証食品)や東京産農産物の販路開拓とPRを目的とした商談会です。昨年度同様に新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、 商談形式を変更し、出展者とバイヤーとの商談をオンラインにて 実施しました。 開催概要 (1)展示会の名称   令和3年度 TOKYOイイシナオンライン商談会(2)開催日程   令和4年1月17日(月)~3月11日(金)(3)開催場所   オンライン上(4)参加費用   無料(5)主催・後援   ①主催 東京都   ②後援 東京商工会議所       東京都商工会議所連合会       東京都商工会連合会       東京都食品産業協議会       JA東京中央会       東京都漁業協同組合連合会       一般財団法人食品産業センター(6)出展事業者の概要   出展者 全31社   東京都地域特産品認証食品(E マーク認証食品)事業者 : 16 社   東京産の食材を使った加工食品取扱事業者 : 3 社   東京都内一次産品生産者 : 6社   東京都内市村 : 6 市村 出展社向けの特別セミナー オンライン商談会の開催に向け、展示商談会と異なるオンライン商談のコツとオンライン商談ならではの商談資料の活用方法についてポイントをまとめ、バイヤーがオンライン商談の中で知りたい内容は何か、どのように商談すると効果的かを説明しました。 また販路開拓セミナーでは、より実践に役立つよう、地域のこだわり商品を取り扱う高質スーパーの現役バイヤーの目線から売れる商品とは何か、商品パッケージやPOPについてセミナーを実施しました。 その他、過去の取り込み詐欺事例を紹介し、新規取引における注意点を解説しました。 セミナー内容 1.販路開拓セミナー   講師:株式会社京北スーパー 代表取締役 下西琢也氏  (1)商品の【売れる秘訣】とは?  (2)POPと商品デザインについて2.オンライン商談について  講師:リッキービジネスソリューション株式会社 事業推進グループ 高見圭代  (1)オンライン商談のコツ   (2)オンライン商談 参考事例3.攻めと守りの販路開拓~信用管理について~  講師:リッキービジネスソリューション株式会社 代表取締役 澁谷耕一
地域食材展示商談会2022 開催報告
2022年3月2日、グランドプリンスホテル高輪にて、『地域食材展示商談会2022』を開催いたしました。 北は北海道、南は沖縄まで全国20都道県から【36社】(うちオンライン参加が8社)の事業者が集まり、その魅力を来場者の方々にPRしました。 当日は食品卸や外食・中食を中心としたバイヤーをはじめ、多くの食品関係の方々にご来場いただきました。 全国各地の珍しい食材や、味や見た目に特徴のある素材など、生産者の想いやこだわりの詰まった食材の数々が出展しました。 来場した皆様からは、 『「こだわり」のある一品を扱う参加社と今後の取引に向けた話ができた。』『県の中で選りすぐりの生産者の方とお話しできてよかったです。』 と嬉しいお声をいただきました。 出展社ブース① 出展社ブース② 商談会場の様子① オンライン出展社との商談の様子 都道府県PRスペース 商談会場の様子② 出展社と来場者の間では活発な交流と商談が終始行われ、次につながる良き出会いの場となったようでした。 ▼出展事業社(36社)・合同会社ムトウファーム(北海道)・有限会社前沢牛オガタ(岩手県)【オンライン】・一般社団法人SAVE IWATE(岩手県)・岩手アカモク生産協同組合(岩手県)・株式会社かほくらし社(山形県)【オンライン】・合同会社はまから(福島県)・株式会社会津地鶏ネット(福島県)・西野農園(東京都)・株式会社あみちゃんファーム(東京都)・株式会社オールクリエーション(東京都)・特定非営利活動法人はぁもにぃ(千葉県)・あさの屋合同会社(千葉県)・株式会社つばめ農園(千葉県)【オンライン】・伯東商事株式会社(千葉県)・海光物産株式会社(千葉県)【オンライン】・横浜市中央卸売市場水産部(神奈川県)・株式会社NOUMANN(福井県)・株式会社ACS(岐阜県)・丸トポートリー食品株式会社(愛知県)・井上真珠(三重県)【オンライン】・株式会社ヤマザキファーム(三重県)【オンライン】・一般財団法人 熊野市ふるさと振興公社(三重県)【オンライン】・株式会社Teams(兵庫県)・株式会社堀内果実園(奈良県)・岡山県漁業協同組合連合会(岡山県)・菜園おおのはら(香川県)・株式会社グッドリーフ(佐賀県)・恵味香 megumika(佐賀県)・株式会社サガンベジ(佐賀県)・黒木農園(佐賀県)・つしま大石農園(長崎県)【オンライン】・一般財団法人小値賀町担い手公社(長崎県)・株式会社コスモファーム(長崎県)・有限会社コウヤマ(熊本県)・株式会社農夢ワールド(鹿児島県)・沖縄県黒砂糖協同組合(沖縄県)
三重県 令和3 年度 県産食材オンライン商談会 開催報告
三重県主催「令和3 年度 県産食材オンライン商談会」を開催しました。 コロナ禍の状況下において、”「新しい生活様式」に対応した商談機会の創出”、 今後増加が見込まれる”オンライン商談における商談スキルを向上”を目的として実施しました。 ◎開催概要◎ ◆効果的なFCPシート作成にかかる添削の実施 ・食材提案者数:計20 社 添削実施社数:19 社 ・オンライン商談スキル向上のためのオンラインセミナー動画配信 講師 : リッキービジネスソリューション株式会社 髙見 圭代 演題 : 『プロが伝授する!オンライン商談会の必勝法』 ◆オンライン商談会の企画・運営  ※個別商談形式  日時:令和4 年2 月7 日(月)~11 日(金)10:00~17:00 商談実施事業者:計19 社 参加バイヤー数:23 社24 名 内容:全国の食品バイヤーと事業者とのオンライン商談(個別商談)の実施  主なバイヤー  イトーヨーカ堂、アデリ、ナショナル物産、三井食品、ザ・キャピトルホテル、東急百貨店、 国分グループ本社、成城石井、東急ストア、オリジナルあい、キリンシティ、学士会館、 協和物産、グリーンズ、アクアプランネット、アクト中食、日本アクセス、紀ノ國屋、ひらまつ、 三越伊勢丹、シノワ銀座、地元カンパニー、国分首都圏、国分フレッシュリンク 他  事前マッチング  実施商談件数 :52 件 商談設定事業者数 :19 社
とちぎのいいもの商談会2021 開催報告
6年目の受託事業となる、栃木県主催『とちぎのいいもの商談会』を開催しました。 【オンライン商談会】 2021年9月27日(月)~10月1日(金) @Zoom 【東京商談会・国内輸出商社との食品輸出商談会】 2021年12月1日(水)・2日(木) @都道府県会館 【大阪商談会(オンライン)】 2022年2月8日(火)・9日(水) @Zoom 弊社は個別商談バイヤー招聘、商談マッチング、商談会運営の協力をさせていただき、栃木県内食品メーカー62社と、首都圏・関西・地方・輸出商社のバイヤー71社80名がリアル及びオンラインで個別商談を行いました。 【東京商談会・国内輸出商社との食品輸出商談会】では、会場内に商品展示コーナーを設け、バイヤーの方々が久しぶりにリアルでしか味わえない、手に取って商品を見られており、出展事業者も久しぶりの「対面商談」で、会場が終始賑わっておりました。 【オンライン商談会】 77商談 【東京商談会・国内輸出商社との食品輸出商談会】 113商談 商談会の様子① 商談会の様子② 商品展示コーナー① 商品展示コーナー② 【大阪商談会(オンライン)】 71商談 バイヤーからは、『オンライン商談が多い中、リアルな対面商談の場は嬉しい。』『生産者の生の声を確認でき、大変有意義だった。』『輸出に向け有意義なお話しを聞くことができた。』『栃木県のメーカーと商談できる機会があまりなく、良い商品と出会えてよかった。』と多くのバイヤーから高い評価をいただきました。 今年度は261件の個別商談を実施し、出展者とバイヤーの間では活発な交流と商談が行われ、今後の販路につながる良き出会いの場となったようでした。 引き続き栃木県内事業者にとって新規販路開拓の後押しができるよう、全国の食品バイヤーと繋がりを持てる、多くの商談機会を創出できるように取り組んでまいりたいと思います。
山形県産食材調理
農林水産省補助事業として、山形県産食材調理を実施しました。 新型コロナウイルス感染症拡大のため、やむを得ず山形県視察の開催を断念し、代官山ASO チェレステ 日本橋店の菊池料理長に山形県産食材を使ったメニューを調理していただきました。 ~メニュー~ amuse 寒鱈のバッカラマンテカート たらこと塩蔵しその実 天元豚パンチェッタのアクセント antipasto 米沢牛パストラミと雪菜、スモッちのインボルチーニ 焦がしリーキのソース primo 塩蔵ミズ、名水赤がら、リコッタチーズのラヴィオローネ 紅大豆きな粉のバターソース 煎り豆のアクセント secondo ローズティーでマリネしたさくらんぼ鶏 ローズシロップとホワイトバルサミコのソース かほくイタリア野菜を添えて dolce ローストした角川かぶとルタバガ、有機胚芽米もちのミルフィーユ仕立て えごまのクランブ ルとえごま油パウダー 甚五右エ門芋のジェラート amuse antipasto primo secondo dolce 【参加事業者】12社・株式会社 菅原鮮魚 (寒鱈)・株式会社 もがみ物産協会 (角川かぶ)・企業組合かほくイタリア野菜研究会 (リーキ、カーボロネロ、プンタレッラ、ルタバガ、芽キャベツ)・高橋畜産食肉 株式会社 (米沢牛ザブトン)・川⻄町紅大⾖生産研究会 (塩蔵野菜(山うど、どほな、わらび))・株式会社 米沢食肉公社 (天元豚バラ)・株式会社 オールクリエーション (山形さくらんぼ鶏)・株式会社 半澤鶏卵 (スモッち、名水赤がら)・出羽弥兵衛 株式会社 (有機胚芽米もち、有機栽培米)・株式会社 日々 (甚五右ヱ門芋)・株式会社 サクセストレード (えごま油(黒焙煎)、えごま茶、えごまパウダー)・株式会社 Rose Cheek (ローズシロップ、ローズティー)
美し国(うましくに)三重 極上の食体験ツアー 開催報告
2021年11月25日(木)・26日(金)に、三重県庁協力のもと『美し国(うましくに)三重 極上の食体験ツアー』を開催いたしました。 今回は、首都圏や三重県のシェフを中心に9社13名の食品バイヤー・シェフの方々をお連れして、 三重県内の生産地視察と、生産者との食材提案会を開催しました。 産地視察ツアーでは、「作豚~ZAKUBUTA~」や「熊野地鶏」等の畜産類をはじめ、 三重県ならではの「トロさわら」や「伊勢まだい」等の水産物、 三重県で15種類ほどの 今回は、首都圏や三重県のシェフを中心に9社13名の食品バイヤー・シェフの方々をお連れして、 三重県内の生産地視察と、生産者との食材提案会を開催しました。 産地視察ツアーでは、「作豚~ZAKUBUTA~」や「熊野地鶏」等の畜産類をはじめ、 三重県ならではの「トロさわら」や「伊勢まだい」等の水産物、 三重県で15種類ほどの 「みかん」を生産している生産農家などを視察しました。 8月から9月は、三重県内もコロナの感染が急拡大して、 どうなることかと心配していましたが、ちょうど、コロナも落ち着いて、天気にも恵まれた中で開催できました。 県庁職員をはじめ生産者の方々はみなさま熱心で熱い想いを持っており、三重県産食材の生産、発信に情熱的に取り組まれておりました。 バイヤー・シェフは生産者の方々のこだわりや想いを深く知ることができ、 食材提案会では、三重県の食材を使用したビュッフェ料理を堪能でき、非常に有意義な1泊2日の視察となりました。 ヤマザキファームの作豚~ZAKUBUTA~ ドリーム・オーシャンで提供された「松阪牛」(昼食) 松阪牛(昼食) 鳥羽市にて「トロさわら」の説明を聞く様子 鳥羽市にて視察をした「トロさわら」 三重外湾漁業協同組合での説明風景 三重県海水養魚協議会の視察で試食をした伊勢まだい 伊勢海老の視察 食材提案会の様子① 食材提案会の様子② かきうち農園での視察風景 熊野地鶏の視察風景 ▼視察先事業者(7社)・株式会社ヤマザキファーム・ドリーム オーシャン(瀬古食品有限会社)・鳥羽磯部漁業協同組合・三重外湾漁業協同組合 安乗事業所・三重県海水養魚協議会・かきうち農園・一般財団法人 熊野市ふるさと振興公社 ▼食材提案会出展事業者(14社)・株式会社松阪マルシェ・伊勢商人株式会社・北村物産株式会社・有限会社山藤・有限会社水谷水産・株式会社TA西村・井上真珠・有限会社松幸農産・株式会社 鈴鹿山麓夢工房・有限会社 河井ファーム肉よし・尾鷲ヤードサービス株式会社(おわせむかい農園)・株式会社山崎・株式会社ミエライス・たかみ農園 ▼参加バイヤー(9社/13名)・ロイヤルフードサービス株式会社・株式会社ひらまつ・株式会社ミールワークス・協和物産株式会社・蔵前イタリアンピンツォ・株式会社シーライン東京・株式会社プリオホールディングス・株式会社 グリーンズ・株式会社アクアプランネット
地域の食材をご紹介する会~オテル・ドゥ・ミクニ~
2021年3月11日、オテル・ドゥ・ミクニにて、『地域の食材をご紹介する会』を開催いたしました。 全国から【18社】の事業者・食材が集まり、その魅力を来場者の方々にPRしました。 当日はシェフや外食・中食を中心としたバイヤーをはじめ、多くの食品関係の方々にご来場いただきました。 会場の様子 シェフの方々 全国各地の珍しい食材や、味や見た目に特徴のある素材など、生産者の想いやこだわりの詰まった食材の数々が出展しました。 展示の様子 来場した皆様からは、 「自分では思いつかない発想力で作られた料理はとても素晴らしかった」「生産者、シェフとの交流の場となっており刺激的であった」 と嬉しいお声をいただきました。 ~メニュー~ 【ロックファーム京都株式会社】 京都舞コーンスープ【株式会社北三陸ファクトリー】 洋野うに牧場の四年うにバターと蒸しキタムラサキウニのタルティーヌ 原木椎茸スプレッドのタルティーヌ 北三陸真鱈スプレッドのタルティーヌ【有限会社安全野菜工場/株式会社 NOUMANN】 グリーンサラダとグリーンシーザーソース【京葱 SAMURAI 株式会社】 九条ねぎのタルトレット【東京しゃも生産組合】 東京しゃものバロティーヌとその胸肉のコンソメジュレかけ【株式会社イマジン・ジャパン/有限会社安全野菜工場】 きくらげとヒラタケのマリネと 3 色パプリカのサラダ、パプリカパウダーの香り【株式会社飯塚海苔店/合同会社ユニバーサルファーム】 有機米の海苔リゾットと鮪の漬け【株式会社 NOUMANN】 結球レタス”美い玉”の帆立包み、サフランソース【株式会社新倉】 甘海老カレーとコシヒカリのバターライス【株式会社飯塚海苔店/JF 小田原水産株式会社/株式会社 Kawaufarms】 イシダイの海苔焼き、空芯菜のソテー添え【黒木農園】 しろいしれんこんと鴨のはさみ蒸し、れんこんヴィネガーマリネのクリュディテ添え【株式会社ミライエ farm】 ヒラメと自然薯のスフレ、トマトソース【高橋畜産食肉株式会社/農事組合法人能登やまびこ】 蔵王山麓和牛ロースの生甘酒マリネロティ、エゾワサビと生甘酒のソース【株式会社エムイーシーフーズ】 ウフ・ア・ラ・ネージュ【伏見梅園】 梅ジャムのマカロン 料理 生産者と来場者の間では活発な交流と商談が終始行われ、次につながる良き出会いの場となったようでした。 ▼出展事業社(18社)・株式会社北三陸ファクトリー(岩手県)・株式会社 イマジン・ジャパン(宮城県)・有限会社安全野菜工場(山形県)・高橋畜産食肉株式会社(山形県)・東京しゃも生産組合(東京都)・株式会社エムイーシーフーズ(千葉県)・株式会社飯塚海苔店(千葉県)・株式会社新倉(千葉県)・合同会社ユニバーサルファーム(千葉県)・JF小田原水産株式会社(神奈川県)・農事組合法人能登やまびこ(石川県)・伏見梅園(福井県)・株式会社NOUMANN(福井県)・株式会社Kawau Farms(京都府)・ロックファーム京都株式会社(京都府)・京葱SAMURAI株式会社(京都府)・株式会社ミライエFarm(山口県)・黒木農園(佐賀県) ▼シェフ・バイヤー(24名)・株式会社ニュー・オータニ・ホテルニューオータニ幕張・株式会社ザ・キャピトルホテル東急・株式会社プリンスホテル・株式会社串の坊・銀座レカン・恵比寿 笹岡・しち十二候・I.P.S株式会社・シノワ銀座店・オステリア グラヴィーノ・Cave・株式会社ひらまつ 代官山ASOチェレステ日本橋店・株式会社学士会館精養軒 旬菜寿司割烹 二色・株式会社学士会館精養軒 中国料理 紅楼夢・株式会社学士会館精養軒・株式会社バルニバービウィルワークス・DRAWING HOUSE OF HIBIYA・株式会社シーライン東京・株式会社ダイヤモンドダイニング・株SFPホールディングス株式会社・キリンシティ株式会社・株式会社GHフーズダイニング・株式会社ミールワークス
2021 年3 月4 日(木)、5 日(金)「TOKYO イイシナ」食材視察ツアー 開催報告
2021 年3 月4 日(木)、5 日(金)に、「TOKYO イイシナ」食材視察ツアーを開催しました。 産地視察ツアーでは、 「エディブルフラワー」「ルッコラ」、「柳久保小麦」等の農産物、「秋川牛」等の畜産物等を視察しました。 食材提案会では、東京の食材を使用したビュッフェ料理を堪能でき、非常に有意義な1泊2日の視察となりました。 【参加バイヤー】 :11 社14 名・プリオホールディングス 株式会社・恵比寿 笹岡・株式会社 UHM 庭のホテル東京・株式会社 シーライン東京・株式会社 バルニバービウィルワークス・株式会社 ひらまつ・株式会社 ミールワークス・株式会社 学士会館精養軒・協和物産 株式会社・株式会社 ザ・キャピトルホテル東急・株式会社 グリーンハウスフーズ 【視察先事業者】・矢ケ崎農園 (ルッコラ)・有限会社ニイクラファーム (ハーブ類)・東久留米 柳久保小麦の会 (柳久保小麦)・愛情野菜専業農家 ヤマヨシ (ニンジン)・野村ファーム (コマツナ)・株式会社あみちゃんファーム (エディブルフラワー)・村のやさい (ネギ)・野口農園 (大玉トマト)・竹内牧場 (秋川牛) 【食材提案会参加事業者】・伊藤養鶏場 (烏骨鶏卵(極プレミアム)・松村精肉店 (秋川牛)・有限会社ニイクラファーム (ハーブ類)・愛情野菜専業農家 ヤマヨシ (ニンジン)・株式会社あみちゃんファーム (食用花(エディブルフラワー)・東京しゃも生産組合 (東京しゃも)・奥多摩山葵栽培組合 (奥多摩山葵)・ 村のやさい (コマツナ)・野口農園 (大玉トマト)・東久留米 柳久保小麦の会 (柳久保小麦粉)・野村ファーム (コマツナ)
1 2 3 4 5 7